当社開発の特殊建築工法を採用した200年ハイブリット住宅の施工から有益な土地活用までを幅広くサポート

鉄骨枠組ブレース工法
HOME >  リフォーム  > 耐震改修
  • 鉄骨枠組ブレース( SX )工法

    重量鉄骨枠組ブレースを土台・枠・桁の間に施工し耐震強度を高める工法です。 土台を50mm基礎に埋め込むことで、火打ち土台をなくします。
    ■75mm ・ 6mm 厚の L 型鉄骨を使用。
    ■1階 SX と2階 SX とを、2階桁を挟む形でボルト固定することで一体形成。
    ■小屋桁ともボルトで固定。
    ■金物水平ブレースも使用可能。
    ■ボルトで固定し木と一体化させる。
    但し、蓄熱式壁・床暖房との併用が必要であり、それ以外は結露の発生に繋がる。
    ■土台半分( 50mm )を基礎に埋め込むことで、土台火打ちの施工が必要ありません。

間仕切り壁に耐震リフォーム/外壁から耐震リフォーム

  • 代替画像

  • 代替画像