当社開発の特殊建築工法を採用した200年ハイブリット住宅の施工から有益な土地活用までを幅広くサポート

構造

  • 代替画像

    構 造 - 木造軸組工法(在来工法)+建築構造用合板 ―

    木造軸組工法(在来工法) ●木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)とは、 建築構造の木構造の工法の一つです。
    日本で古くから発達してきた構法で、工法としては在来工法 (ざいらいこうほう)と呼ばれています。
    木造枠組壁工法(2×4工法) がフレーム状に組まれた木材に 構造用合板 を打ち付けた 壁 や 床 (面材)で支える構造であるのに対し、 木造軸組工法では、 柱 や 梁 といった軸組(線材)で支える構造であるという大きな違いがあります。
    ●建築構造用合板
    構造耐力上主要な部分に用いる目的で作られたものです。
     構造用合板を使い、耐力壁や耐力床を作ることにより、耐震性・耐風性を飛躍的に高めることができる。
     また、気密性や防音性を高めることもできます。
    構造用合板は、 日本農林規格 (JAS) で定められています。