当社開発の特殊建築工法を採用した200年ハイブリット住宅の施工から有益な土地活用までを幅広くサポート

屋上断熱工法
HOME >  特殊建築工法  > 屋上断熱工法

30年経過しても防水層の劣化はみられません。 施工15年間保証

  • イメージ図

    代替画像

    屋上防水の劣化を防ぐ、当社独自工法。
    既存防水材の上に断熱することで、外気(冷気)と紫外線から防水材を守り、防水材を 長期間耐用させます。
    ・防水材の劣化部分の補修
    ・断熱材による外気の遮断
    ・洗い砂利による紫外線の遮断
    ・風速35mでも洗い砂利は飛ばされません。
    ・不揃いの洗い砂利同士がお互いに絡みあい安定します。
    ・断熱材に洗い砂利が食い込み、横滑り現象は発生いたしません。

屋上防水は、漏水から建物を守る大事な部分です。屋上は常に雨や雪、直射日光にさらされ、夏冬の温度差も激しいなど、過酷な条件におかれています。 屋上防水は年数が経つにつれ劣化し、そのまま放置すると漏水して下の階にも影響を及ぼし、建物の寿命を早める 原因となります。 一般的に屋上やバルコニーの補修は13年~17年と言われていますが、経年劣化の防止の為にも屋上断熱工事をお勧めいたします。弊社独自【屋上断熱】工法は、鉄筋コンクリート造・鉄骨造共、最上階の室内温度の低下を防ぎ、結露の防止、断熱効果の向上にもつながります。 又、鉄骨造に於いては耐火被覆材の剥がれを防止します。 防水補修・補強・断熱工事を行ったあと、当社では15年間の保証期間を設けております。 大切な建物の屋上防水を守るためには、早期発見と早期対処が必要です。無料点検・お見積しております。

■メリット■・ 15年保証致します。 ・ アスファルト防水・シート防水・ウレタン防水のどのタイプにも施工可能です。 ・ 屋上防水を長期間使用することが可能になります。 ・ 施工費は通常の屋上防水改修工事と比べ安価で施工できます。 ・立ち上がり部分は5~7年に一度のシルバー塗装をお勧めしています。 ・ 新築の屋上防水の上に施工することで、より防水を長持ちさせることが出来ます。 ・ 断熱効果により、暖房費を抑えられます。 ・ 屋上断熱の上にルーフガーデンを造ることも可能です。