当社開発の特殊建築工法を採用した200年ハイブリット住宅の施工から有益な土地活用までを幅広くサポート

外断熱工法
HOME >  特殊建築工法  > 外断熱工法

アークパネル外断熱工法

建築用断熱パネル材 意匠登録 第1389198号

建物の外壁に配設して、ビルディングや木造家屋の断熱性を高める発泡スチロール製の外壁ボードである。
この外壁ボード(建築用断熱パネル材)は、正面略長方形を呈し、片側表面に躯体へのネジの打込用の凹部を備える。
凹部は、開口部を大きくした略円錐台形をなしており、その底面略中央にネジ打込用の目印穴部を備えている。この目印穴部があることにより、熟練者ではない作業員であっても、外壁に対して均等かつ適当間隔でネジ(ビス、アンカーボルト等)を効率よく打ち込んでゆくことが出来る。
建築用断熱パネル材は、片側表面にアクリル樹脂系の防水塗膜層を設ける。防水塗膜層を設けることにより外壁化粧材(外壁タイル等)が貼着しやすくなる。
  • 代替画像

    【正面図】 

  • 代替画像

    【断面図】

  • 代替画像

    【使用状態参考断面図】